通信制高校のデメリットは自分自身だけが頼りとなるため、途中で挫折してしまい、卒業まで完走できない生徒が多いということです。
公立は「できる限り費用負担が少ない」ということを前提にしますので、サポートがそこまで受けることできないのは仕方ありません。
私立はそこに特化させ、卒業者を増やす努力を行っています。
それがサポート校との連携です。


<サポート校のデメリット>

サポート校自体は学校として認可されていませんので、通信教育と違って高校卒業の資格を得ることはできません。
しかし学校生活をおくることや、学習や生活の指導などは手厚く行いますので、なんらかの心の問題で不登校となってしまった生徒などには、大きな支えとなります。
通信制高校とサポート校に2つによって、高校卒業の資格と精神的な安定なども得られたという生徒も多いのです。
しかし学費が2重に掛かってくることから、経済的な負担は大きくなります。
サポート校のような機能も持った私立の通信制高校も増えていますので、そちらの利用によって若干経済負担は軽減されます。


<サポート校の見分け方>

サポート校と通信制高校の提携は、あまり表立って公表していません。
しかしサポート校は「高校」や「学校」を名乗ることができない法律となっていますので、「学院」などと命名していることが多々見られます。

大手のサポート校の紹介ページ—-中央高等学院 学費

Leave a comment

Comments are closed.