通信制高校では単位制という制度を利用して、卒業までに必要な単位を修得します。そのため留年などの概念がなく、前期、後期で単位を修得、その単位の数が必修科目と選択科目をあわせて74単位を最低ラインとして、学習をすすめていきます。


通信制高校は春と秋に入学卒業ができる

通信制高校では、大学と同じように前期、後期に一年間を2分割して授業を進めています。半年に一度単位の修得が可能なので、入学、卒業のタイミングが半年に一度、あるということです。この仕組みを利用すると、1年、2年生の途中などで編入、転入を考える生徒は春まで待つことなく、秋から入学をして、同じ年齢の3年生と同じ時期に卒業することも可能です。時間を無駄に待たずに利用できるのです。また、通信制高校によっては、前期の途中などでも応じてくれる可能性があるそうです。問い合わせてみましょう。


基礎からやり直すこともできる

全日制高校では進んでしまった授業は個人のためにさかのぼって学習ということができません。しかし自分で時間割を組み立てる通信制高校なら、苦手な科目は基礎から履修して、やり直すこともできます。修得した単位の再履修は単位として計算はされませんが、授業を受けたいと希望すれば、最初から勉強しなおすことができるのです。

Leave a comment

Comments are closed.