通信制高校の入試は面接と作文程度で、余程のことがない限り落とされることはないと言われていますが、「多くの通信制高校が試験を実施している」ということも言われています。どちらが正しいのだろうかと不安になってしまうでしょうが、これはどちらも正しいのです。まず基本的に公立の通信制高校は入学を拒むことはありません。私立に関してはそれぞれの決め事があるでしょうから一概には言えませんが、そこまで条件は厳しくないと考えてよいでしょう。面接と作文でとんでもない態度を取らない限り、断られることはないと言われています。では学科試験とは何にために行われているのでしょう。


<通信制高校の学科試験>

通信制高校が行っている学科試験は、基本的に落とすためのものではありません。何点取れなかったから入学させないということを見るために行っているわけではないのです。特に私立の場合、近頃では手厚いサポートを、学習面でも精神面でも行っている学校が増えています。入学希望者がどの程度の基礎学力を持っているのかによって、指導も変わってきます。それを推し量るための試験であって、入試のように落とすためではないのです。学力を分かっていれば、さらに良い指導ができます。

Leave a comment

Comments are closed.