高等学校は、後期中等教育を受ける場として存在しています。
教育課程の区分には全日制、定時制、通信制があり、通信制を採用している高校を「通信制高校」といいます。それぞれに出来た過程があり、特徴があります。


<通信制高校がなぜ出来たのか>

全日制高校が実施されている時間帯では、就業を余儀なくされている勉学者の希望はかなわないということがありました。
そこで「自分のお金で通学でき、働きながらでも通える高校」が必要だったのです。
そのため実施の時間帯を夜間にした定時制高校が設けられました。
今では就業の多様化に伴い中夜間定時制や三部制も出現しています。
この全日制、定時制の2つは主に学年制と単位制の両方をともに採用しています。その学年で取るべき単位を取得できなければ留年となります。
これによって多くの勉学希望者の願いは叶えることができますが、一部の希望者には添えないという問題もありました。そこで通信制高校が出来たのです。
身体的に障害を持っていたり、通学ができないなどの理由があれば、通学を前提としている全日制や定時制では難しいといったこともあります。
通信制高校は規定のスクーリングこそありますが、学習は自宅で行うことが原則です。
学年制も採用されていないため、自分のペースで卒業を目指すことが可能です。
これによって「定時制でも高等教育が受けれない理由を持った人」も学習することが叶うようになったのです。

Leave a comment

Comments are closed.