通信制高校のデメリットは自分自身だけが頼りとなるため、途中で挫折してしまい、卒業まで完走できない生徒が多いということです。
公立は「できる限り費用負担が少ない」ということを前提にしますので、サポートがそこまで受けることできないのは仕方ありません。
私立はそこに特化させ、卒業者を増やす努力を行っています。
それがサポート校との連携です。


<サポート校のデメリット>

サポート校自体は学校として認可されていませんので、通信教育と違って高校卒業の資格を得ることはできません。
しかし学校生活をおくることや、学習や生活の指導などは手厚く行いますので、なんらかの心の問題で不登校となってしまった生徒などには、大きな支えとなります。
通信制高校とサポート校に2つによって、高校卒業の資格と精神的な安定なども得られたという生徒も多いのです。
しかし学費が2重に掛かってくることから、経済的な負担は大きくなります。
サポート校のような機能も持った私立の通信制高校も増えていますので、そちらの利用によって若干経済負担は軽減されます。


<サポート校の見分け方>

サポート校と通信制高校の提携は、あまり表立って公表していません。
しかしサポート校は「高校」や「学校」を名乗ることができない法律となっていますので、「学院」などと命名していることが多々見られます。

大手のサポート校の紹介ページ—-中央高等学院 学費

Leave a comment

通信制高校と言うものは全日制高校に比べて専門的な授業が豊富な事もあるようです。もし明確な目標が無くても、やりたい事や夢を見つける事も出来る点は全日制高校と同じです。また、通信制高校は学費が全体的に全日制高校よりも安くなっています。学費も勿論、どんな高校生活にしていくのかを良く考えましょう。高卒資格だけでなく、大学進学を視野に入れていく事も出来ます。


通信制高校は時間にゆとり

毎日の通学に時間を縛られずに、自分のペースで自学自習を行えると言うのは通信制高校の大きな利点です。時間の余裕が多く取れるので働きながら、自分のしたい事をしながら高校卒業を目指す事が出来ます。周りとの関係に煩わされずに自分のしたい事と自分のしたい勉強に集中したいと言う方にはとても向いているでしょう。また一人では不安だと言う方には通学コースのある学校もありますので安心して勉強していけます。


私立はサポートが手厚い

全日制高校にも言える事かもしれませんが、通信制高校を選ぶ時は私立高校を選んでおくとサポート体制が安心です。公立校に比べて学費はやや高いですが、その分卒業率も高くなっています。卒業後に繋がるカリキュラムも豊富なので、自分でも気付いていなかった可能性を見つけられるでしょう。新たな夢が見つかるかもしれません。

Leave a comment

訳あって高校を卒業することが出来なかった方も居れば、中退してしまっている方も居るはずです。
そんな時に通信制高校への入学を視野に入れている方も多いとは思いますが、現在は高卒認定試験を視野に入れている方も多いのです。通信制は3年間通って卒業を目指していくのですが、高卒認定試験は8科目ほどの試験をクリアすれば高校卒業資格を取得できます。しかし、一度に多くの科目試験を受けなければなりませんし、独学する時間を作らなければなりませんので厳しい場合も。対策を行なうにも参考書を購入して行うのが基本となるため、挫折してしまう事もあるでしょう。そのような時には、通信制高校に設けられている高卒認定試験コースというものを利用してみてはいかがでしょうか。


通信制高校には高卒認定試験対策コースがある

高卒認定試験コースを利用すれば良いとお話しましたが、すべての通信制がこのコースを設けているわけではありません。
通信制高校の中には、高卒認定試験を目指すための方の為に専門コースを設けていることもあるのです。どのような対策を行なうのかというと、少人数制クラスで授業を行うスタイルもありますし、個別指導できめ細やかな指導を受けられるシステムとなっていることもあります。通信制高校の中だけではなくて、サポート校の中にも高卒認定試験対策のコースや教室を設けていることがあります。試験に合格できるよう、徹底的に学習に取り組めるような環境となっていることが多いので、学力を向上させられるはずです。もちろん、働きながらでも授業に参加することが可能ですから、社会人の方でも安心できます。詳細につきましては、インターネットを活用して検索してみて下さい。


在籍中にも試験が受けられます

高卒認定試験は中学校を卒業している方や中退している方が受けられるものです。
試験に合格することが出来れば、高校卒業資格を取得することが出来ます。こちらの認定試験は今現在高校に在籍している方でも受けることが可能です。在籍しながらも高認試験を受けて合格できれば資格を取得できるので、通信制高校などへ通う必要もなくなります。また、在籍しているのが通信制高校であったとしても、試験は受けられます。もし、少しでも早めに資格取得を目指したいのであれば、認定試験も視野に入れてみてはいかがでしょうか。ちなみに、認定試験の科目は高校に在籍している期間や習得している単位数により異なってきます。そのため、試験を受ける際には必ず自分がどの科目を受験する必要があるのか確認しましょう。

Leave a comment

全日制高校を中退してしまって通信制へ入学する人は多いですが、大人になってしまったらどうなるのでしょう?
大人であったとしても高校を卒業していない人であれば、通信制高校へ入学することが出来るようになっています。
ですから、大人になってから高校を卒業しておけばよかった、そう後悔している人も通学できるので安心して下さい。
通信制高校には、様々な事情を抱えた人が通っていますので、歳の離れた人とも知り合う事ができ、一緒に頑張って行けます。


通信制高校に通うのは恥ずかしくない!

よく通信制に通う事が恥ずかしいと感じている人がいるようですが、恥ずかしいと思う必要はないのです。
全日制とは通学スタイルなどが異なりますが勉強して卒業を目指すという事は同じですので、引け目に感じることはないのです。
それに、通信制高校には通信制でしか学べないことなども多くありますから、色々なことを経験してみて下さい。
スクーリングも週に何回、月に何回と決められているので仕事とうまく両立させることが出来て通学しやすくなっています。


過ごしやすい環境づくり

多くの学校では一人一人が過ごしやすいように、質問しやすい環境づくりがされています。
分からない問題についていつでも質問できるようになっていますし、中にはインターネット上で授業を行なっている学校もあります。
大事なのは、自分のしたい事やすべき事と両立させながら過ごすことなので、自分にピッタリの学校を探してみましょう。

Leave a comment

スポーツ医療やエンターテイメントなどの専門的な仕事についている人は、専門分野に強い通信制高校を選択する事により、さらに専門技術の高みに向け磨きをかけ、同じ志を持っている持っている者同士が情報交流を交わし、感性を磨き切磋琢磨する機会が得られます。仕事に直結している分野であれば、貪欲に知識や技術を吸収する意欲も高くなり勉強そのものが、仕事をさらに高度なものにし次なる課題も見えるようになってくるので、技術と知識吸収の一挙両得の効果が期待できます。


<プロの先生による指導>

コースによってはプロの先生の本格的な指導が得られ、専門性を高めるだけでなく人としての生き方の多くを学ぶことができます。目的を持って学習に臨めば勉強が楽しく、結果に期待が持てるので活き活きとした学習が可能になり、これが通信制高校の狙いでもあります。


<楽しみな将来が待っています>

全過程の75単位を習得し認定試験に合格すれば晴れて通信制高校を卒業、大学受験に挑戦するなり専門職に就くなり、技術と知識をみっちり学んでいるので、自信を持ってその後の人生を歩む事ができます。通信制高校は社会人としての教育を始め、大学進学のための学習と幅の広い選択ができます。また、年齢を問わずその人の置かれた立場に関係なく入学が可能であり、いろいろな体験ができるのも特徴の一つです。

Leave a comment

通信制高校は、全日制高校に通うことが学習面に人間関係の問題もあって難しい、という人が通うものだというイメージがついています。
それは現在も色濃く残っていると言えます。まだまだ通信制に対する偏見といえる色眼鏡でもって見ている人はまだ多いです。
現在の通信制高校はどうなっているのでしょうか。いじめや勉強に追いつけなかった人がしょうがなく通う学校なのでしょうか?


学習意欲が高い人が通う通信制高校

全日制高校より、授業を選択できる幅が広く、自宅学習の割合が広い通信制高校はその分自分が学びたい分野の学習を進めることができます。
時間の管理は自分で行う必要があるものの、時間が多く割けるというのは大きな利点です。


専門の勉強ができる通信制高校も

通信制高校によっては、美容や芸能など、専門のカリキュラムを教えてくれる学校もありますから、そういった学校をえらんで勉強できれば、高校の勉強で卒業を目指しながら専門分野の勉強も同時に進めることができますから、これも全日制にはない強みだといえますよね。
また、漫画家を目指すかたわら勉強したいという人や、タレント活動をしながら高校に通うというのにも通信制高校ならば可能です。

Leave a comment

通信制高校の入試は面接と作文程度で、余程のことがない限り落とされることはないと言われていますが、「多くの通信制高校が試験を実施している」ということも言われています。どちらが正しいのだろうかと不安になってしまうでしょうが、これはどちらも正しいのです。まず基本的に公立の通信制高校は入学を拒むことはありません。私立に関してはそれぞれの決め事があるでしょうから一概には言えませんが、そこまで条件は厳しくないと考えてよいでしょう。面接と作文でとんでもない態度を取らない限り、断られることはないと言われています。では学科試験とは何にために行われているのでしょう。


<通信制高校の学科試験>

通信制高校が行っている学科試験は、基本的に落とすためのものではありません。何点取れなかったから入学させないということを見るために行っているわけではないのです。特に私立の場合、近頃では手厚いサポートを、学習面でも精神面でも行っている学校が増えています。入学希望者がどの程度の基礎学力を持っているのかによって、指導も変わってきます。それを推し量るための試験であって、入試のように落とすためではないのです。学力を分かっていれば、さらに良い指導ができます。

Leave a comment

高等学校は、後期中等教育を受ける場として存在しています。
教育課程の区分には全日制、定時制、通信制があり、通信制を採用している高校を「通信制高校」といいます。それぞれに出来た過程があり、特徴があります。


<通信制高校がなぜ出来たのか>

全日制高校が実施されている時間帯では、就業を余儀なくされている勉学者の希望はかなわないということがありました。
そこで「自分のお金で通学でき、働きながらでも通える高校」が必要だったのです。
そのため実施の時間帯を夜間にした定時制高校が設けられました。
今では就業の多様化に伴い中夜間定時制や三部制も出現しています。
この全日制、定時制の2つは主に学年制と単位制の両方をともに採用しています。その学年で取るべき単位を取得できなければ留年となります。
これによって多くの勉学希望者の願いは叶えることができますが、一部の希望者には添えないという問題もありました。そこで通信制高校が出来たのです。
身体的に障害を持っていたり、通学ができないなどの理由があれば、通学を前提としている全日制や定時制では難しいといったこともあります。
通信制高校は規定のスクーリングこそありますが、学習は自宅で行うことが原則です。
学年制も採用されていないため、自分のペースで卒業を目指すことが可能です。
これによって「定時制でも高等教育が受けれない理由を持った人」も学習することが叶うようになったのです。

Leave a comment

通信制高校は課題やレポートが出されて、それを自宅で進めていきスクーリングで提出して単位を取得します。
つまり、しっかり課題をこなして出さないと卒業に必要な単位を得ることが出来ないという事です。
独力で行ないますからやっぱり分からない問題が出てきたりします。
多くの人は本屋さんで参考書を購入して解いたりしていると思いますが、サポート校へ行くとさらにはかどりますよ。


通信制高校の味方はサポート校?

サポート校は塾のような場所で、マンツーマンで勉強を教えてもらう事が出来るので課題も進めることが出来ます。
分からない問題が出てきてもすぐに質問することが出来るので、すごく効率も良いでしょう。
ただ、サポート校へ通うにも費用がかかりますから余裕のある人や学ぶ意志の強い人におすすめします。
通信制高校の費用もありますから、慎重に検討してもらえれば嬉しいです。


友達を作って一緒に進めよう

通信制高校には行事やクラブがありますから、そちらに参加をして色々な人と交流をしてみましょう。
そして友達になれたら一緒に課題を進めるなどといった方法もアリだと思いますよ。
やはり、一人で進めるよりも誰かと一緒の方が心強いかと思いますし、なんだか楽しいですよね!
参考書を購入して、両親に質問してみたり他の友達に質問してみるのもいいかもしれません。

Leave a comment

通信制高校では単位制という制度を利用して、卒業までに必要な単位を修得します。そのため留年などの概念がなく、前期、後期で単位を修得、その単位の数が必修科目と選択科目をあわせて74単位を最低ラインとして、学習をすすめていきます。


通信制高校は春と秋に入学卒業ができる

通信制高校では、大学と同じように前期、後期に一年間を2分割して授業を進めています。半年に一度単位の修得が可能なので、入学、卒業のタイミングが半年に一度、あるということです。この仕組みを利用すると、1年、2年生の途中などで編入、転入を考える生徒は春まで待つことなく、秋から入学をして、同じ年齢の3年生と同じ時期に卒業することも可能です。時間を無駄に待たずに利用できるのです。また、通信制高校によっては、前期の途中などでも応じてくれる可能性があるそうです。問い合わせてみましょう。


基礎からやり直すこともできる

全日制高校では進んでしまった授業は個人のためにさかのぼって学習ということができません。しかし自分で時間割を組み立てる通信制高校なら、苦手な科目は基礎から履修して、やり直すこともできます。修得した単位の再履修は単位として計算はされませんが、授業を受けたいと希望すれば、最初から勉強しなおすことができるのです。

Leave a comment

最近では学校の環境になじめなくて、気が付けば不登校になってしまったという方や他人と関わるのが苦手だという方が通信制高校を選ぶ率が高まってきているのかな?と思います。
通信制高校は月に何度かのスクーリングがありますが、頻繁に通うわけではありませんし学習も自分で自己管理をしながら進めることが出来るのでそういった方にはオススメだと思います。
今では通信制高校などに通わずに高校の卒業資格を得ることが出来るのもあるようですが、やはりきちんとそういった学校で勉強をするのが良いかと思います。
独力なので何かと大変だとは思います、例えば時間をしっかり管理するのが苦手な方ですとやはりリズムが乱れてなかなか勉強やスクーリングが難しくなってきてしまうのではないかと思います。


通信制高校は高校を卒業していない方が通える学校です!

通信制高校は全日制や他の高校を事情があって卒業できなかった方のための学校ですので、すでに高校を卒業している方は通えないことになっています。
中にはもう一度勉強をし直したいという方もいらっしゃるかとは思いますが、それは難しいです。
ただ、病気や家庭の事情で通えなかった方や、将来の夢と両立させたい方、または卒業資格を得たい方には非常に良いと思います。
スクーリングに通う必要がありますので、その点について詳しく調べてから通う学校を決めた方が良いと思います。

Leave a comment

通信制高校の良い所をみなさんご存知ですか?全日制高校の方がもちろん馴染みがありますから、通信制高校のことを知らなくても当たり前です。ここで、通信制高校の良い点を簡単にではありますが、ご紹介をしましょう。


通信制高校なら好きなことが沢山出来る

通信制高校に通う事で、自分がやりたいことを充分にすることが可能です。なぜならば、基本的には、自宅で自己学習です。学校へ通うのは、月に数回程度。自分で勉強のスケジュールを立てられるので、やり方次第では、思う存分自分のやりたいことに時間をさけるのです。例えば、美容のスクールや絵の勉強などのように、専門分野の勉強をするために他のスクールに通う事も可能です。


全日制高校よりも沢山の出会いある

また、全日制高校では出会うことが出来ないような人に出会うことが出来ます。年齢を問わず、沢山の方が通っています。定年を過ぎてから高校に行こうと決心した人や、高校中退した人。高校に行かずに就職したが、勉強をし直したいという人。普通の生活をしていたら出会えないような人に出会うことが出来るのです。このようなところも通信制高校の良い所と言えるのではないでしょうか。

Leave a comment

通信制高校なら専門分野を学び資格を取ったり、卒業後に専門学校へ進学したり、または就職することができます。学校によりますが、美容関係・芸能関係・スポーツ関係・保育関係など、幅広いジャンルにそれぞれ特化した内容の授業が受けられるので、自身の可能性も広がります。入学前には何がしたいのか見つかっていなかった人も、通信制高校での授業を受ける内に自分のやりたいことを見つけて進路が定まってくる人も多い様です。


通信制高校だからといってマイナスになることは一切無し!

通信制高校だと就職の際に不利になるんじゃないかと不安を抱いているという様な話をよく聞きますが、実際は真逆です。全日制高校よりも就職や専門分野修得に力を入れているので、自分のなりたい道を確実に進むのなら通信制高校の方が勉強しやすい環境だと言えます。もちろん大学に進んでその後に就職を目指すという人も、通信制だからといって萎縮する必要はありません。高卒資格はどんな高校で取っても立派な資格として認められているのです。


仲間との友情も築き上げられる!

通信制で勉強を続けるのも良いですし、通学によって学習をする場合には仲間との友情を育むことができます。色々な事情を抱えている人が多い分、そこで生まれる絆も大変強いものとなるでしょう。

Leave a comment

通信制高校の学費は全日制高校よりも安くなっています。さらに通信コースを選ぶか、または通学コースを選ぶかで学費に差が出てくる学校もあります。「なるべく学校には通わず自習したい」、「仕事をしながら勉強がしたい」、「1人だと不安だから時々は学校に行きたい」など、そういった自分のライフスタイルに合わせて学費やシステムをしっかりと選ぶことができるのです。


通信制高校を選ぶなら私立校がおすすめ

通信制高校の学費は一般的に私立校の方が公立校よりも多少高くなっていますが、その分学校体制や学習環境が公立校に比べて整っています。通信制高校における卒業率も公立校よりも私立校の方が圧倒的に高いので、学費に見合った授業、もしくはそれ以上のフォローを受けることができます。


進学にも就職にも、どちらにも対応

私立の通信制高校は学習面以外でのカリキュラムも充実しているので、進学希望の人だけではなく就職を考えている人にももってこいの学校なのです。これからどういった進路を考えていても、もしくは何も考えられないという人も、通信制高校の授業を通して自分の隠された可能性を見つけ、自身の将来につなげていってください。行きたい進路へと進んでいきましょう!

Leave a comment

これから通信制高校に通おうと考えている人にとって、一番気になるのが学校の評判です。口コミなどの情報から実際の学校の雰囲気を調べて、自分に合っているかどうかを事前に知っておきましょう。


自分の学習ペースに合った通信制高校とは

通信制高校のメリットとして声が高いのが、自分のペースで学習を進められるということです。多くの学校では単位制となっているので、卒業までに必要な単位を取得することが卒業の条件となっています。そのため、3年という期間に縛られることなく卒業までの道のりを計画することが出来ます。学習面で周りに合わせてストレスをためることがないので、通信制高校ではその自由なスタイルを楽しんでいる生徒が多くいます。なお、転校した人は依然の単位がそのまま使える場合がありますので、各学校に問い合わせて確認しておきましょう。


登校日が年3日の学校

最近では、インターネットやDVDを用いた教材を使うのが主流となっているので、自宅でほとんどの学習を行い登校は年に3日しかない学校もあります。生徒の中には、豊富にある自由な時間を使ってアルバイトをしたり将来の夢に向かって努力をしている人もいます。その分自己管理が大変という面はありますが、時間を有効利用できるようになれば、通信制高校には大きな利点があることになります。

Leave a comment

通信制高校を調べているとサポート校というのも必ずどこかで見かけたことがあるかと思います。この2つの違いはいったいなんなのでしょうか。


やりたいことがハッキリしている人向けのサポート校

例えば音楽や演劇や芸術方面の進路に進みたい人にとって、将来「大卒」という肩書がさほど重要にならない場合が多いでしょう。それでも最低限「高卒」くらいにはなっておきたいけど、そんな時間があったらもっと音楽のレッスンを受けたい、芝居の練習がしたいなどということもあるでしょう。パティシエやファッションデザインなどでも同様です。夢がハッキリしていて、普通の勉強している時間を、夢への時間に使いたいという人も少なくないでしょう。


通信制高校と二人三脚

籍は通信制高校に置いておきながら、通信制高校ですべき勉強やスクーリングなどはサポート校で行なうというスタイルで、3年間を夢への時間にあてながら、ちゃんと高校卒業資格も取れるという方法です。この夢というのは「東大合格」というのもアリです。この場合は一般的な高校の授業にプラスして難関大学受験する人向けのクラスなどでガッツリ受験勉強できるというものです。サポート校と連動出来る通信制高校かどうかは資料請求すると分かるのでまずは通信制高校を探すところから始めましょう。

Leave a comment

通信制高校にも制服がある学校というのは多数存在しています。私服の方がいい、自分の着たいファッションじゃないと嫌だという気持ちもとてもよく分かります。しかし人の悲しいところですが、自分が出来なかった・選ばなかった方に対する憧れというのは絶対出てくるのです。


後で羨ましく思うくらいなら今選ぼう

皆が着たくもない制服を着て学校に通っているのを見て、あんなのは嫌だと思っていたことがありました。しかし実際に制服のない学校に通って、卒業した後で、「やっぱり制服も着てみたかったな」と思ってしまいました。しかもその思いは、自分が歳を取れば取るほどに強くなっていきます。自分が「高校」というものから遠ざかっていくごとに、世の中の高校生がキラキラとまぶしく見えて、それと同時に制服への憧れも増していく一方でした。似たような経歴の人に話を聞いてみると、今の所「コスプレと言われない年齢のうちに着てみたかった」という人が100%です。


通信制高校に通うなら少しでも色んな経験をしよう

私服でどこかに通う機会なら今後いくらでも出てきますが、学制服を着て学校に通うチャンスというのは高校が最後なのです。そのチャンスを逃した後になっていきなり惜しくなるのが人間の悲しいところなのです、ほんとに。通信制高校だからもったいないと言わず、是非後悔のない未来を選んでくださいね。

Leave a comment